previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

DPFランプ点滅
エンジンチェックランプ点灯でDPF洗浄作業実施

軽油を燃料とするディーゼルエンジンの黒煙等の粒子状物質による大気汚染が問題となり、排気ガスの規制のため導入されたDPF(Diesel Particulate Filter)ですが、使用し続けるとどうしても目詰まりを起こします。

自動車は運転中に自動再生を行っているのですが、それだけでは全ての詰まりを取り除くことは出来ません。

黒煙(すす)だけではなく、その他の粒子状物質もフィルターで捕捉しているからです。

例えばエンジンオイルに含まれる金属成分など。

dpf再生の間隔が短いと思っていませんか?

この頃dpfの再生が頻繁になってきたなぁとか間隔が早くなってきてるようなとか心当たりが在る場合、先ほども書いたように詰まりが進行している可能性が大きいです。

自動燃焼はしているのですが、燃えるのが煤だけなので金属の目づまりは解消されません。

単純に経年変化で詰まってきている場合でもインジェクターの交換やEGRの点検、シャッターバルブの点検、ターボチャージャーの点検など確認することは沢山あります。

特に現行のディーゼルエンジンのインジェクターは超が付く精密な部品ですので、少しの汚れで本来の機能を発揮できなくなるそうです。

そこで

DPFクリーナー等の添加剤がお勧めです。インジェクターだけのクリーナーやDPFだけに作用するクリーナーとインジェクターとDPFの両方に作用するクリーナーが在ります。

それぞれのクリーナーも仕入れる事が出来ますが、弊社で今おすすめしているのはガルフのDPFクリーナー。インジェクターとDPFのクリーニング効果を併せ持っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました